銀河鉄道999(12) ブックライブ おトク 電子書籍 読める

銀河鉄道999(12)ブックライブ無料試し読み&購入


▼第1話/幽霊駅13号▼第2話/マカロニグラタンの崩壊▼第3話/メーテルの旅▼第4話/石の花▼第5話/サルガッソーの底なし沼▼第6話/震動駅▼第7話/たくさん星の大酋長 ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性) ●あらすじ/何十時間も駅に止まらず、ひたすら走り続ける“999”。鉄郎は、重力装置をオフにして車内を無重力状態にし、退屈しのぎに車掌さんと空間を泳いで遊んでいた。すると突然、重力装置のスイッチがオンに! 当然の如く床にたたきつけられた鉄郎と車掌さん。しかも、不気味な足音が隣の車両から聞こえてくる…。気味悪がる3人は、事の真相を確かめるべく“999”に聞いてみるが、車内に3人以外の生命体反応はないという。一体誰がスイッチを入れたのか、そしてあの足音の主は…!?(第1話)▼先のマカロニグラタン惑星で、親指ほどの大きさにされてしまった鉄郎とメーテル。彼らが“999”の窓から外を眺めていると、なんと“999”がもう一台走っている!? と突然、鉄郎たちの体が元の大きさに戻った! まずはめでたしめでたし…なのだが、外を走る“999”は一体何? 鉄郎が双眼鏡でのぞいてみると、向こうの“999”にはメーテルと少年が乗っている。おそらくワープの関係で時間が絡まり、自分たちの過去か未来の姿ではないかと鉄郎は推測するが、こんな劇的なシーンをメーテルは見たくないと言う。仕方なく鉄郎はブラインドを下げるのだが、そんなとき、“999”に異常事態発生! 隣を併走する“999”と激突してしまった!(第3話) ●その他の登場キャラクター/“999”のウェイトレス・メタルメナ(第6、7話) ●その他のデータ/登場する惑星=生命体の星・ステイション13号(第1話)、大科学文明惑星・マカロニグラタン(第2話)、自由遊星ファントム(第3話)、アンドロメダ星雲最高の文明が栄えた星・モザイク(第4話)、常に揺れ続けている星・震動惑星(第6話)、たくさん物を食べる住人のいる星・たくさん星(第7話)
続きはコチラから・・・



銀河鉄道999(12)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


銀河鉄道999(12)「公式」はコチラから



銀河鉄道999(12)


>>>銀河鉄道999(12)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


銀河鉄道999(12)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
銀河鉄道999(12)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で銀河鉄道999(12)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で銀河鉄道999(12)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で銀河鉄道999(12)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、銀河鉄道999(12)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトも多々ありますから、比較検討して使い勝手の良さそうなものをチョイスすることが肝要だと思います。というわけで、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを理解することが求められます。
空き時間を埋めるのに打ってつけのサイトとして、注目されているのがBookLive「銀河鉄道999(12)」なのです。お店で欲しい漫画を探したりせずとも、たった1台のスマホで好きな時に読めるというのが素晴らしい点です。
昨今、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というプランが誕生し注目が高まっています。1冊いくらというのではなく、1ヶ月いくらという料金方式になっているわけです。
ここのところスマホを通じてエンジョイできる趣味も、一段と多様化が進んでいると言えます。無料アニメ動画は言うまでもなく、無料電子書籍やスマホ限定ゲームなど、様々なコンテンツの中からチョイスできます。
クレジットで購入する電子書籍は、気付かないうちに利用代金がすごい金額になっているということがあります。ですが読み放題プランを利用すれば月額料金が増えることはないので、いくらDLしようとも利用料金が高額になることは絶対ないと言えます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


マンガの発行部数は、ここ数年縮減しているとのことです。似たり寄ったりな販売戦略に捉われず、直接的には利益にならない無料漫画などをサービスすることで、新規ユーザーの獲得を狙っているのです。
漫画や書籍は、書店で立ち読みして買うか買わないかを決定する人がほとんどです。けれども、近頃はまずは電子コミックで1巻を購入し、その本について買う・買わないを決める人が増えているとのことです。
電子書籍を購入するというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得ることだと言っていいわけです。サイトが閉じられてしまったということがあると利用できなくなりますから、念入りに比較してから信頼のおけるを選択したいものです。
無料漫画が堪能できるということで、利用者数が右肩上がりになるのは少し考えればわかることです。店舗とは違い、人の目を気にすることなく立ち読みができるというのは、電子書籍ならではの特長だと断言できます。
電子コミックを読みたいなら、スマホが最適です。PCは持ち歩くことができませんし、タブレットも通勤電車などの中で読むという場合には向いていないからです。





銀河鉄道999(12)の情報概要

                              
作品名 銀河鉄道999(12)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
銀河鉄道999(12)ジャンル 本・雑誌・コミック
銀河鉄道999(12)詳細 銀河鉄道999(12)(コチラクリック)
銀河鉄道999(12)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 銀河鉄道999(12)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ