絶頂の夜 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

絶頂の夜ブックライブ無料試し読み&購入


大学時代の親友・瑞枝が亡くなって1年。32歳の主婦・三橋有希子は、彼女の墓参りに福井へ行くことにした。現地では瑞枝の夫である北村が出迎え、いろいろと世話をしてくれた。三つ年上の北村は実家の酒屋を継ぎながら一人で頑張っていたが、まだ妻の死を引きずっているようだった。有希子の泊まっている旅館で、酒を交えながら二人で地元料理を楽しむ。すると突然、北村が抱きしめてきた。瑞枝への思いを忘れさせるため、有希子は北村に身体を捧げる決心をして……。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】
続きはコチラから・・・



絶頂の夜無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


絶頂の夜「公式」はコチラから



絶頂の夜


>>>絶頂の夜の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


絶頂の夜、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
絶頂の夜を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で絶頂の夜を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で絶頂の夜の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で絶頂の夜が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、絶頂の夜以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを持っている人は、BookLive「絶頂の夜」を容易に楽しめます。ベッドでゴロゴロしながら、寝入るまでのリラックスタイムに見るという人がたくさんいるそうです。
電子書籍に限っては、知らないうちに支払が高額になっているということが想定されます。けれども読み放題ならあらかじめ料金が決まっているので、どれだけ読了したとしても支払額が高額になる危険性がありません。
隙間時間を埋めるのに最適なサイトとして、評判になっているのがBookLive「絶頂の夜」だと聞いています。本屋まで行ってアレコレ漫画を探さなくても、たった1台のスマホで簡単に購読できるというのがおすすめポイントです。
漫画や本は、本屋で軽く読んで購入するか購入しないかの判断を下す人が大半です。しかし、今日ではBookLive「絶頂の夜」にて冒頭部分だけ読んで、その本を買うか判断するという人が増えています。
日頃よりたくさん漫画を読むという人にとっては、月額固定料金を支払えば何十冊でも読み放題という形で楽しめるという料金システムは、まさしく画期的だと捉えられるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


大体の本屋では、店頭に出している漫画を立ち読みできないように、ヒモで結ぶことが多いです。電子コミックだったら試し読みというサービスがあるので、物語のあらましを精査してから買うことができます。
趣味が漫画を読むことだというのを知られたくないと言う人が、このところ増えていると聞いています。マイホームに漫画の隠し場所がないと言われる方でも、漫画サイトを利用することで誰にも知られず閲覧することができます。
放映されているものをオンタイムで追っかけるというのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で配信中のものなら、それぞれの都合に合わせて視聴することが可能です。
10年以上前に繰り返し読んだ懐かしい漫画も、電子コミックとして取り扱われています。お店では置いていない漫画も揃っているのが凄いところだと言うわけです。
楽しめそうかどうか悩んでいる漫画があれば、電子コミックのサイトで無償利用できる試し読みをしてみるのがおすすめです。読んでみてもう読みたくないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。





絶頂の夜の情報概要

                              
作品名 絶頂の夜
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
絶頂の夜ジャンル 本・雑誌・コミック
絶頂の夜詳細 絶頂の夜(コチラクリック)
絶頂の夜価格(税込) 108円
獲得Tポイント 絶頂の夜(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ