春泥の日 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

春泥の日ブックライブ無料試し読み&購入


日下由美は25歳のナース。5歳の時に両親が離婚し、長女である由美は早くから自立することを考え、奨学金を受けられるこの職業についたのだった。福引きで温泉宿の無料券が当たった由美は、恋人の町村寛を誘って奈良旅行に出かけた。しかし、ちゃらんぽらんな性格の寛は待ち合わせ場所に来ず、夜に遅れて到着。実は浮気相手と遊んでいたらしい。せめての罪滅ぼしか、宿に着くなり濃厚なセックスを始める彼に対し、別れを決意する由美。そんな中、宿で思わぬ人物と会って……。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】
続きはコチラから・・・



春泥の日無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


春泥の日「公式」はコチラから



春泥の日


>>>春泥の日の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


春泥の日、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
春泥の日を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で春泥の日を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で春泥の日の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で春泥の日が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、春泥の日以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトは色々な企業が運営しています。それらのサイトを絶対に比較して、自分にぴったりのものを選定することが大切になります。そうすれば良いサイトに巡り合うことができると思います。
最新刊が出るたび書店に行くのは面倒ですよね。だからと言って、まとめ買いは面白くもなんともなかった時の金銭的・精神的ダメージがデカいです。BookLive「春泥の日」は読み終わるたびに買えるので、その辺の心配が不要です。
連載している漫画は何冊も購入しないといけませんので、先に無料漫画で中身を覗いてみるという人が多くいます。やはりあらすじを知らずに書籍を買うというのは敷居が高いのでしょう。
漫画離れが叫ばれる中、電子書籍は今までとは違う仕組みを採り入れることで、新規ユーザーを右肩上がりに増やしています。革新的な読み放題という売り方がそれを成し得たのです。
「電子書籍に抵抗がある」という本好きな方も多数いるようですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を読んでみれば、その気軽さや購入のシンプルさからハマってしまう人が珍しくないとのことです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトの一番のアピールポイントは、購入できる本の種類が本屋とは比べものにならないくらい多いということだと言えます。在庫が残る心配がいらないので、多種多様なタイトルをラインナップすることができるというわけです。
この何年かでスマホを使ってエンジョイできるアプリも、一層多様化が図られています。無料アニメ動画の他、無料電子書籍やスマホゲームなど、多種多様なコンテンツの中から選ぶことができます。
読み放題というシステムは、電子書籍業界でしか実現不可能なさながら革新的とも言える取り組みなのです。利用する側にとっても出版社側にとっても、利点が多いと言うことができます。
話題の作品も無料コミックを活用すれば試し読みができます。スマホを持っていれば読めますので、誰からも隠しておきたい・見られると困る漫画もこそこそと楽しむことができます。
スマホで閲覧できる電子コミックは、外出する時の荷物を軽減するのに貢献してくれます。バッグの中などに重たい本を入れて持ち歩いたりしなくても、好きなようにコミックを楽しむことができるのです。





春泥の日の情報概要

                              
作品名 春泥の日
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
春泥の日ジャンル 本・雑誌・コミック
春泥の日詳細 春泥の日(コチラクリック)
春泥の日価格(税込) 108円
獲得Tポイント 春泥の日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ