本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法ブックライブ無料試し読み&購入


企業の存続は、コーポレートガバナンスにあり。そんな今だからこそ、問題社員と見られれば、人事部はすぐにリストラ・解雇への道に誘導する。「組織ぐるみで1000万円経費流用させた支店長」、「女好き部長が引き起こした社内不倫騒動の顛末」、「イケメン経理マンの人には絶対言えない副業とは」、「ライバルの足を引っ張る悪質な告発のゆくえ」……などなど、「リストラ・解雇」の裏側が分かる20話を収録(読了時間約25分)。本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の41ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。【著者紹介】溝上憲文(みぞうえ・のりふみ) ジャーナリスト1958年、鹿児島県生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。主な著書に『隣の成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『日本人事』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない』など。近著に『2016年は残業代がゼロになる』(光文社)がある。
続きはコチラから・・・



本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法「公式」はコチラから



本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法


>>>本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


1冊1冊書店に行くのは不便です。だとしても、一気に買うというのは退屈な内容だったときの金銭的及び精神的ダメージが甚だしいです。BookLive「本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法」は欲しい分だけ買えるので、失敗することも最小限に留められます。
電子書籍を買うというのは、オンライン経由で情報を得ることだと言えます。サイトが運営中止されてしまったといった場合は利用することができなくなるので、絶対に比較してから安心して利用できるサイトを選びたいですね。
「どの業者のサイトを利用して書籍を入手するか?」というのは、意外と大切なことだと思います。売値やサービスの中身などが違うのですから、電子書籍と申しますのは比較しなくてはならないのです。
評価が高まっている無料コミックは、スマホさえあれば楽しむことができます。外出しているとき、小休憩のとき、歯医者などでの順番待ちの時間など、何もすることがない時間にすぐに楽しむことが可能です。
ここに来て、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが誕生し注目を浴びています。1冊ごとにいくらというのではなく、月極めいくらという料金方式を採っているのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


小さい時に読みまくっていた思い出のある漫画も、電子コミックという形で購入できます。近所の本屋では買うことができないようなタイトルもいろいろ見つかるのが人気の秘密なのです。
スマホにダウンロードできる電子コミックは、どこかに行くときの荷物を少なくするのに役立つはずです。バッグなどの中に何冊もしまって持ち歩くようなことはせずとも、好きな時間に漫画を閲覧することができるようになるのです。
コミックの発行部数は、ここ数年減っているという現状です。似たり寄ったりな販売戦略に見切りをつけて、誰でも読める無料漫画などを提案することで、新規顧客の獲得を目論んでいます。
店頭販売では、スペースの関係で置くことができる本の数が制限されますが、電子コミックならそうした問題がないため、マイナーな漫画も取り扱えるというわけです。
必ず電子書籍で購入するという方が急増しています。バッグなどと一緒に携帯するなんてこともなくなりますし、収納場所を考える必要もないというメリットがあるからです。その上、無料コミックを利用すれば、いつでも試し読み可能です。





本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法の情報概要

                              
作品名 本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法ジャンル 本・雑誌・コミック
本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法詳細 本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法(コチラクリック)
本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法価格(税込) 324円
獲得Tポイント 本当は怖い会社のルール 「リストラ・解雇」の手法(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ