【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”) ブックライブ おトク 電子書籍 読める

【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)ブックライブ無料試し読み&購入


■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第24弾BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。本号では、アマゾンをはじめとするEC企業が急成長を遂げる中、日本企業は販売・物流についていかなる戦略を持つべきか、2つのケーススタディを通じて解説します。■もしも、あなたが「MonotaROの社長」ならばどうするか?事業者向けに工場・工事用間接資材の通信販売事業を展開するMonotaRO。900万点という膨大な取扱商品点数を武器に、主に中小企業を顧客として年率70%超と急成長を続けている。しかし、大企業の需要を取り込めていないため、売上高は市場全体の1%以下に留まる。対面販売を中心としてきた大手の通信販売事業への参入や、競合他社の通販拡充が進む中、打つべき手は?■もしも、あなたが「SGホールディングスの会長」ならばどうするか?佐川急便を中核とする物流企業グループのSGホールディングス。ヤマト運輸と市場を二分する国内第2位の宅配便大手でありながら、配送能力の不足を外注で補っているため、宅配便需要が増すほど利益率が悪化するという問題を内包する。宅配事業依存からの脱却のため企業間物流の強化を進めるが、メーカーの物流部門売却により企業物流業務の受託競争が活発化する現状において、取るべき戦略とは?多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
続きはコチラから・・・



【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)「公式」はコチラから



【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)


>>>【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


購入後に「期待していたよりも楽しめなかった」ということがあっても、一度読んだ漫画は返品することなどできるはずがありません。けれど電子書籍なら試し読みが可能なので、こうした事態を防止できるというわけです。
無料電子書籍をダウンロードしておけば、やることが無くて空き時間を持て余すなどということが皆無になります。ランチ休憩やバスなどで移動している時などにおきましても、結構エンジョイできるでしょう。
BookLive「【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)」は移動中にも使えるスマホやタブレット型の端末からアクセスする方が多いです。最初だけ試し読みが可能になっているので、それによってその本を買うかどうかを確定するという人が稀ではないと聞かされました。
ユーザー数が鰻登りで増加してきているのが話題となっているコミックサイトです。少し前までは絶対単行本で買うという人が大部分を占めていましたが、求めやすい電子書籍として買って読むという利用者が増えています。
お店では、展示スペースの関係で並べられる本の数に限度がありますが、BookLive「【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)」であればそういった制限をする必要がなく、今はあまり取り扱われない物語も多いのが特徴でもあるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


手に入れたい漫画はいっぱい発売されているけど、買っても置く場所がないと嘆いている人も多いようです。そういう背景があるので、整理場所を全く考えずに済む漫画サイト利用者数が増えてきているのではないでしょうか。
スマホを持っている人なら、読みたいときに漫画を閲覧することができるのが、コミックサイトの良いところです。購入は1冊ずつというタイプのサイトや月極め料金のサイトなど様々あります。
コミックサイトは1つしかないというわけではないのです。それらのサイトを面倒くさがらずに比較して、自分がいいと思うものを選定することが必要だと言えます。そうすれば失敗することも少なくなります。
無料漫画と申しますのは、本屋での立ち読みと同様なものだと言えるでしょう。本の内容をそれなりに確認してから手に入れられるので、利用者も安心できると思います。
本屋では、売り物の漫画の立ち読み防止策として、ビニール包装するのが通例です。電子コミックの場合は冒頭を試し読みができるので、漫画の概略を理解してから買うか判断できます。





【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)の情報概要

                              
作品名 【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)ジャンル 本・雑誌・コミック
【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)詳細 【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)(コチラクリック)
【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)価格(税込) 648円
獲得Tポイント 【大前研一】BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.24(大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ