立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』ブックライブ無料試し読み&購入


湘南を舞台に、筆者の虚無的な視点で描かれた“青春の光と影”『血と砂』、 貞節な女の快楽への代償を描いた『永い夜』を収録。“昭和元禄”といわれた70年代初頭の「繁栄の中の享楽主義」に満ち溢れた湘南の地で、主人公・北ノ庄浩作は、その風俗のただなかにいながらも、一方では、そういう自分を冷ややかに見つめている。表題の<血>は人間を意味し、<砂>は風土と時代の流れを意味すると筆者は語っている。『永い夜』は、夫が出生中の38歳の明子は、息子・清晴が腰越の漁師の娘を強姦した仕返しに、その娘の兄・浩二らに輪姦される。その日から明子は、夜な夜な浩二を部屋に引き入れる女に変わっていた……。その他、夫とは正反対である陶工の男に惹かれる人妻の愛欲と別れを描いた『夢のあと』、一途な愛を捧げる男がいながらも、昔関係をもった女たらしの男と逢瀬を重ねてしまう女を描いた『船の翳』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 八」など関連エッセイ2作と、武田勝彦氏による評伝『立原正秋伝』より「早稲田文学編集長」収録。「写真で辿る立原作品の世界」(7)では、収録作品の舞台となる江ノ島周辺エリアを孫・立原継望氏撮影の写真で辿っていく。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラから・・・



立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』「公式」はコチラから



立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』


>>>立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトの一番のセールスポイントは、置いている漫画の種類がとてつもなく多いということだと考えられます。在庫が残る心配がないので、多数のタイトルを取り扱えるのです。
書店では販売していないような少し前の作品も、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップの中には、40代以上の世代が昔読みつくした本なども見られます。
カバンなどを極力持たない男の人にとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのは画期的なことなのです。言うなれば、ポケットに保管して書籍を持ち歩けるわけなのです。
「大体の内容を知ってからでないと不安だ」と言われる利用者からしたら、無料漫画は文句のつけようがないサービスだと考えて良さそうです。運営者側からしても、新規顧客獲得に結び付くはずです。
“無料コミック”であれば、購入を躊躇っている漫画を少しだけタダで試し読みすることが可能になっています。決済前に中身をおおまかに認識できるので、利用者にも大好評です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


競合サービスに競り勝って、ここ最近無料電子書籍というシステムが大衆化してきている理由としては、町にある書店が少なくなっているということが挙げられるでしょう。
ショップではちょっとだけ読むことも躊躇するような漫画であったとしても、無料漫画コンテンツのある電子書籍でしたら、好みかどうかをしっかりと理解した上でDLすることも可能なのです。
十把一絡げに無料コミックと申しましても、扱われているカテゴリーは広範囲に及びます。アダルト系なども含めた様々な漫画が揃っていますから、あなたが希望するような漫画がきっと発見できるはずです。
電子書籍でしか漫画は買わないという方があきらかに増えてきています。持ち歩くことも不要ですし、収納場所も必要ないという特長があるからです。尚且つ無料コミックを活用すれば、試し読みだってできるのです。
読むべきかどうか迷っている作品がありましたら、電子コミックのサイトで無償の試し読みを行うことをおすすめしたいと思います。読んでみてつまらないようであれば、買わなければいいだけです。





立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の情報概要

                              
作品名 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』詳細 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ