立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』ブックライブ無料試し読み&購入


絶筆となった『その年の冬』と最後の書下ろし小説『帰路』。病と闘いながら綴った立原晩年の2作品を収録。『その年の冬』は昭和54年10月18日から翌55年4月18日まで「読売新聞」に180回にわたって第一部が連載された。執筆中に体調を崩していた立原は4月8日に聖路加病院に入院。第1部の最終章は、ベッドの上での執筆だったが完結させる。この年の8月12日に亡くなった立原から第2部以降が記されることはなかった。物語は、京都の茶の宗家に後妻として嫁いだものの無為の日々を過ごす直子が、京都の大学で教鞭をとる深津との出会い、深津の住む小田原で新しい生活を始めるところまで描かれている。深津の親友として作家・東ケ谷という立原を彷彿とさせる人物が登場するが、彼は病を得ているのであった……。『帰路』は最後の書下ろし作品として、立原作品には珍しく西洋を主舞台に、お互いの思いに気づきながらも離れていた美術商・大類と磯子が、ふたりだけの西洋旅行を通じ、割れない仲となっていく日々を描きながら、主に大類の目を通して、西洋文化圏に暮らした日本人の生きざま、その人たちの帰路をめぐる意見を通じ、日本を知ることは何か、西洋を知ることは何かを書こうとした意欲作であった。付録として先輩作家として敬愛していた吉行淳之介氏のとの対談や、吉行氏による立原逝去への追悼エッセイ、長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十四」など関連エッセイ4作を収録。特別付録として、『きぬた』、『狂い花』の生原稿も収録。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラから・・・



立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』「公式」はコチラから



立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』


>>>立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』」を読むなら、スマホが最適です。PCは持ち運ぶことができませんし、タブレットもバスや電車などの混雑した中での閲覧には、大きすぎて使いづらいと言えるのではないでしょうか。
一般的な書店では、置く場所の問題で本棚における書籍数に制限が発生しますが、BookLive「立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』」だったら先のような問題が起こらないので、一般層向けではない書籍も扱えるのです。
電子書籍はクレカで買うので、気が付いたころには利用代金がすごい金額になっているということが十分考えられます。でも読み放題サービスならあらかじめ料金が決まっているので、読み過ぎても支払金額がバカ高くなるという心配がありません。
書籍をたくさん読みたいという読書家にとって、何冊も買うのは金銭的な負担も大きいと言って間違いないでしょう。しかしながら読み放題なら、本代を減らすことができるので負担が軽くなります。
電子書籍を購入するというのは、オンライン経由で情報を得るということを意味するわけです。サイトが運営中止されてしまったといった場合は利用することができなくなるので、ちゃんと比較してから心配する必要のないサイトを選択してください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画に関しましては、店舗での立ち読み的なものだと捉えることができます。ストーリーをある程度確認してからゲットできるのでユーザーも安心できると思います。
数多くの人が無料アニメ動画を楽しんでいます。急にアポキャンを喰らってできた時間とか通勤時間などに、楽々スマホで楽しむことができるというのは、非常に便利だと言えます。
購入する前にある程度中身を知ることができるのだったら、読んでから失敗したと思うような事が少なくなります。店舗で立ち読みをするように、電子コミックにおいても試し読みというシステムで、漫画の中身を確かめられます。
日頃からよく漫画を読むという人からしますと、月額固定料金を支払えば何十冊であろうとも読み放題でエンジョイすることができるというプランは、それこそ革命的だという印象でしょう。
サービスの具体的な中身に関しては、会社によって変わります。因って、電子書籍を何所で買い求めることにするのかは、比較しなくてはいけないと言っていいでしょう。熟考せずに決定してはダメです。





立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』の情報概要

                              
作品名 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』詳細 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ