公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152ブックライブ無料試し読み&購入


多くの国民が反対した安保法案を推進する公明党には、創価学会員からもブーイングが起こった。「平和の党」を標榜する公明党だが、本当にそうなのか? 公明党の支持母体である創価学会も最高指導者の不在が長い。週刊誌などが創価学会のスキャンダルを暴くこともほとんどなくなり、会員は信仰2世や3世が中心で、会員数の伸びも止まっている。日本の政治を左右する公明党と創価学会は、どこに向かおうとしているのか。 本誌は『週刊東洋経済』2015年9月26日号掲載の28ページ分を電子化したものです。●●目次●●【第1章】岐路に立つ公明党公明党に「身内」の波乱公明党が自衛隊の活動範囲を広げてきた「ポスト池田」にらみ交錯する主導権争い都議会では与党歴40年。少数派ながら強い影響力バラマキ色強い経済政策。看板「軽減税」にも黄信号結党51年。問われる立党の原点【第2章】創価学会大解剖創価学会 基本のキ創価学会はなぜ社会から嫌われるのか【スクープ】極秘史料が物語る「戦時」創価学会の真実【創価学会もう1つの歴史】宗門、共産党との暗闘広告、印刷通じて接近 創価学会とメディア創価大入学は「お買い得」?
続きはコチラから・・・



公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152「公式」はコチラから



公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152


>>>公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


暇つぶしにピッタリなサイトとして、流行しつつあるのが話題のBookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」です。本屋さんなどで漫画を買わなくても、スマホのみで購読できてしまうという部分が素晴らしい点です。
断捨離という考え方がたくさんの人に受け入れてもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく紙という媒体で保管せず、BookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」を経由して読むようになった人が増加傾向にあります。
老眼の為に、近くの物が見えにくくなってしまったという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのはすごいことなのです。文字のサイズを読みやすいように調節できるからです。
「車内で漫画を開くのは気が引ける」という人でも、スマホ本体に漫画をDLすれば、人目を気に掛ける必要がなくなると言えます。このことがBookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」が人気を博している理由です。
スマホ上で読む電子書籍は、便利なことに文字のサイズを自分好みに変えることが可能ですので、老眼が進んでしまったご高齢の方でも問題なく楽しめるという特徴があるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


最近はスマホ経由でエンジョイできる趣味も、より以上に多様化していると言えます。無料アニメ動画のみならず、無料電子書籍やスマホ限定ゲームなど、いろんなコンテンツの中からチョイスすることができます。
漫画サイトを積極的に使えば、部屋の隅っこに本棚を用意する必要は皆無です。そして、最新の本が出るたびに書店へ行くのも不要です。こうした特長から、顧客数が増え続けているのです。
漫画の最新刊は、ショップで少し読んで買うか否かを決める人がほとんどです。けれども、近頃はひとまず電子コミックサイトで無料で試し読みして、その本を購入するか決めるという人が増えています。
読み放題という形は、電子書籍業界におきましては正しく革命的とも言える取り組みなのです。買う方にとっても制作者にとっても、良い面が多いということで注目されています。
普段使っているスマホに全部の漫画をDLするようにすれば、収納場所について気に掛ける必要が一切ありません。一回無料コミックから挑戦してみてください。





公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152の情報概要

                              
作品名 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152ジャンル 本・雑誌・コミック
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152詳細 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152(コチラクリック)
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152価格(税込) 324円
獲得Tポイント 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ