ニッポン人の英語 ここが間違っている ブックライブ おトク 電子書籍 読める

ニッポン人の英語 ここが間違っているブックライブ無料試し読み&購入


それはカタカナ英語!外国人には通じませんよ!我が国日本には、外国から輸入されたカタカナ英語の言葉がいっぱい!こんなにたくさんのカタカナ英語が氾濫していながらも、実際にネイティブの英語を前にすると、何もしゃべることができない……。本書では、著者自らが体験した爆笑・失笑のカタカナ英語の失敗談から学ぶ英語上達のためのイロハが詰まっています!英語上達への第一歩として、オモシロ楽しい最適の一冊が登場です!!【目次】Chapter 1 ニッポン人の英語 使い分け誤用集★まず適切なことばを選ぶことからChapter 2 ニッポン人の英語 会話ギャップ集★1人よがり英語は絶対に禁物Chapter 3 ニッポン人の英語 迷訳・珍訳・誤訳集★直訳するからこそ食い違うChapter 4 ニッポン人の英語 小さなルール違反集★些細なミスでも意味は大違いChapter 5 ニッポン人の英語 カタカナ英語非常識集★メイドインジャパンに盲点あり【著者プロフィール】石橋真知子(いしばし まちこ)学習院大学出身。大学在学中からDJとなる。その後、英会話教師、外人への日本語教師、翻訳・通訳者として活躍。その間、6か月にわたるヨーロッパひとり旅を皮切りにシカゴ、ノースウェスタン大学にて日本語教授、ロンドンにてTEFL取得、オックスフォード大学にて勉学する。帰国後、外資系TV製作会社、大手PR会社に勤務。以上のような様々な経験を活かして、1987年春、総合企画PR・編集等、なんでも網羅するというユニークな会社「A to Z Network Inc」を設立。現在、これからの日本人のための素養教養を身につける場「ナレッジ&カルチャーアカデミー」で、月に一度程度の講座を開設している。
続きはコチラから・・・



ニッポン人の英語 ここが間違っている無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ニッポン人の英語 ここが間違っている「公式」はコチラから



ニッポン人の英語 ここが間違っている


>>>ニッポン人の英語 ここが間違っているの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ニッポン人の英語 ここが間違っている、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ニッポン人の英語 ここが間違っているを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でニッポン人の英語 ここが間違っているを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でニッポン人の英語 ここが間違っているの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でニッポン人の英語 ここが間違っているが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ニッポン人の英語 ここが間違っている以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本屋ではどんな内容か確認することさえためらってしまうといった漫画であろうとも、無料漫画というサービスのある電子書籍であれば、面白いかをよく確かめた上で買うことができるのです。
アニメが一番の趣味という方にとってみれば、無料アニメ動画と申しますのは革命的とも言えるコンテンツなのです。スマホを携帯しているというなら、好きな時間にウォッチすることが可能なのです。
わざわざ無料漫画を閲覧できるようにすることで、ユーザーを集めてそこから販売につなげるのが販売会社サイドの目的というふうに考えられますが、当然ユーザー側にとっても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
スマホ上で見る電子書籍は、ご存知かと思いますが表示文字のサイズを自分好みに変えることができますから、老眼で本を敬遠している高齢の方であっても苦労せずに読めるという特性があるのです。
趣味が漫画だということを秘匿しておきたいと言う方が、今の時代増えていると言われます。自室に漫画は置けないというような状況でも、BookLive「ニッポン人の英語 ここが間違っている」を活用すれば他人に非公開にして漫画が読みたい放題です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画が楽しめるということで、ユーザー数が増加するのは当たり前の結果だと言えます。本屋さんとは違って、人の目にビクつくことなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍だけの利点だと思います。
スマホがたった1台あれば、スグに漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの強みです。買うのは1冊単位というスタイルのサイトや月額課金制のサイトがあるのです。
マンガの発行部数は、年を追うごとに右肩下がりになっているという現状です。今までの販売戦略に見切りをつけて、いつでも読める無料漫画などを展開することで、新規利用者の獲得を目指しているのです。
スマホを持っていれば、電子コミックを容易に漫喫できます。ベッドでゴロゴロしながら、眠たくなるまでのリラックスタイムに見るという人が多いと聞きます。
コミックは、お店で内容を確認して買うことにするかどうかを決定する人ばかりです。ただし、最近では電子コミックのアプリで1巻を読んでみて、その本を買うか判断する方が増えているようです。





ニッポン人の英語 ここが間違っているの情報概要

                              
作品名 ニッポン人の英語 ここが間違っている
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ニッポン人の英語 ここが間違っているジャンル 本・雑誌・コミック
ニッポン人の英語 ここが間違っている詳細 ニッポン人の英語 ここが間違っている(コチラクリック)
ニッポン人の英語 ここが間違っている価格(税込) 864円
獲得Tポイント ニッポン人の英語 ここが間違っている(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ