節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154ブックライブ無料試し読み&購入


14年の消費増税、15年の相続増税、16年には年収1200万円超の会社員が、17年は年収1000万円超も給与所得控除が下がり、家計負担増が続く。 課税逃れを防ぐための制度作りも急速に進んでいる。その代表例がマイナンバー制度。富裕層の課税逃れに対抗するため、国外財産調書、出国税、財産債務調書といった制度も導入された。資産隠しに対する税務当局の監視の目は着実に厳しくなっている。 いま家計にとってできることは何か。それは適正なやり方による節税だ。 後で知って後悔しないよう、正しい「節税」を知ろう。 本誌は『週刊東洋経済』2016年1月23日号掲載の32ページ分を電子化したものです。●●目次●●税を知って賢く払うマイナンバー制度始まる。銀行口座にひも付けへマイナンバー制度と税金。「財産隠し」はもはや無理相続の仕組みを理解しようもめる相続もめない相続贈与に2つの制度。そのメリット・デメリット【住宅・教育・結婚・子育て】贈与の特例【教育資金一括贈与】孫の教育援助として人気【タワーマンション節税】リッチ層の節税はどうなる【小規模宅地の特例】土地評価は最大8割減らせる相続税の負担を減らす賢い生保活用術事業承継税制は税金が半分になる【出国税】富裕層の海外資産はもはや逃れられない【個人型確定拠出年金】事実上の無税。絶対に使おう【確定申告】きちんと知って控除で得する【ふるさと納税】豪華な返礼品で人気沸騰
続きはコチラから・・・



節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154「公式」はコチラから



節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154


>>>節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


バスなどで移動している時などの空き時間を活用して、無料漫画をチョイ読みして自分が好きそうな本を絞り込んでおけば、後で時間が作れるときに購入手続きを経て続きの部分を読むってこともできます。
単純に無料コミックと申しましても、扱われているジャンルは広範囲に亘ります。子供向けから大人向けまで揃っているので、あなたが希望する漫画が必ず見つかるはずです。
物語のようなもう一つの世界を満喫するのは、日頃のストレス解消に大変役立ちます。分かりづらい物語よりも、明るくて分かりやすい無料アニメ動画などの方が良いでしょう。
ミニマリストというスタンスが徐々に賛同されるようになったと言える今現在、本も紙という媒体で携帯せず、BookLive「節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154」を使用して楽しんでいる人が増えつつあります。
幼少期に何度も読んだ昔ながらの漫画も、BookLive「節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154」としてDLできます。小さな本屋では見ない漫画も数多くあるのが人気の秘密となっています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


ここ最近はスマホを用いて堪能することができる趣味も、より一層多様化が進んでいるようです。無料アニメ動画は勿論の事、無料電子書籍やスマホゲームなど、多種多様なサービスの中からチョイスすることができます。
人気の無料アニメ動画は、スマホでも見られます。今の時代は中高年世代のアニメファンも増えていることから、今後更にコンテンツが充実されていくサービスだと言って間違いないでしょう。
漫画サイトを使用すれば、家の中に本棚を確保する必要がなくなります。新しい本が出るタイミングで書店に買いに行くことも不要になります。このような面があるので、利用を始める人が拡大しているのです。
誰でも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増すのは当たり前のことです。書店と違い、他の人の目を気にすることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍だからこその良い所だと思います。
漫画を買う場合には、電子コミックを利用して試し読みを行うべきです。大まかなあらすじやキャラクターの外見などを、事前に把握できます。





節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154の情報概要

                              
作品名 節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154ジャンル 本・雑誌・コミック
節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154詳細 節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154(コチラクリック)
節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154価格(税込) 324円
獲得Tポイント 節税大百科―週刊東洋経済eビジネス新書No.154(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ