赤字はどこへ消えた? ブックライブ おトク 電子書籍 読める

赤字はどこへ消えた?ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「この決算書はどこのものでしょう?」巧妙に赤字を隠す粉飾決算、利益が出ていても課税されない、そして黒字なのに危ない・・・そんな企業の秘密はすべて決算書に隠されている! かつて、今話題の東芝の監査チームにもいたことのある美人会計士の、実物決算書を使った人気セミナーが一冊の本に。小さなヒントとその解説から、社名を当てるというクイズ形式で楽しく会計が学べる! 【著者紹介】平林 亮子(ひらばやし・りょうこ)公認会計士。中小ベンチャー企業をサポートする士業ネットワークアールパートナーズ代表。お茶の水女子大学在学中に公認会計士2次試験に合格。卒業後、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入所し、国内企業の監査に多数携わる。公認会計士三次試験合格後、独立。楽しく幸せに生きるをモットーに、企業、個人を問わず会計面からのサポートを行っている。『相続は恐ろしい』(幻冬舎新書)『決算書を楽しもう』(ダイアモンド社)『年収500万円で20年働く人 年収1000万円で10年働く人 損しないのはどっち?』(幻冬舎)など著書多数。【目次より】CHAPTER1◆なぜ決算書は粉飾できるのか?~東芝のケースから学ぶ「決算書の基本のキ」~CHAPTER2◆なぜ利益があっても法人税が少なくて済むのか?CHAPTER3◆日本が世界に誇る企業は本業を2つ持つCHAPTER4◆身近な企業を支えるアルバイトの力CHAPTER5◆損失でもキャッシュが増えるのはなぜ?
続きはコチラから・・・



赤字はどこへ消えた?無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


赤字はどこへ消えた?「公式」はコチラから



赤字はどこへ消えた?


>>>赤字はどこへ消えた?の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


赤字はどこへ消えた?、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
赤字はどこへ消えた?を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で赤字はどこへ消えた?を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で赤字はどこへ消えた?の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で赤字はどこへ消えた?が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、赤字はどこへ消えた?以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電車で移動中に漫画を持ち出すなんてあり得ない」、そんな人でもスマホにそのまま漫画をDLすれば、人目を考慮することが不要になります。率直に言って、これがBookLive「赤字はどこへ消えた?」の長所です。
「連載という形で販売されている漫画を楽しみにしている」という方には必要ないと言えます。でも単行本が発売されてから買い求めると言われる方にとっては、単行本を買う前に無料漫画にて内容をリサーチできるというのは、画期的なことではないでしょうか?
小さい頃から単行本を購入していたというような人も、電子書籍を利用した途端に、便利なので戻れないということがほとんどだそうです。コミックサイトもかなり運営されていますので、必ずや比較してから選択してください。
「出先でも漫画を読み続けたい」とおっしゃる方に打ってつけなのがBookLive「赤字はどこへ消えた?」だと言って間違いありません。邪魔になる書籍を鞄に入れて歩く必要性もなく、手荷物の中身も軽くなります。
コミック本は、読んだあとにブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、殆どお金になりませんし、再度読みたくなった時に再購入が必要となってしまいます。無料コミックだったら、置き場所はいらないから片付けに頭を悩ますことがありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


好きな時に無料漫画が見られるということで、ユーザーが増加するのは必然です。お店とは異なり、他人の目を意識することなく立ち読みすることができるのは、電子書籍のメリットだと断言できます。
話題の作品も無料コミックだったら試し読みが可能です。スマホ経由で読めますので、家族には黙っていたいとか見られるとバツが悪い漫画もコソコソと読めます。
常日頃からたくさん漫画を読むという人にとっては、毎月決まった料金を支払うことで何十冊でも読み放題で楽しむことができるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに先進的だという印象でしょう。
本代というのは、1冊ずつの単価で見ればそれほど高額ではありませんが、いっぱい購入すれば、月単位の利用料金は高くなってしまいます。読み放題というプランなら固定料金に抑えられるため、支出を抑えることが可能です。
コミックブックと言えば、「若者を対象としたもの」という印象を持っているかもしれません。ところが今日びの電子コミックには、壮年期の人が「若かりし日を思いだす」と口にするような作品も数え切れないくらいあります。





赤字はどこへ消えた?の情報概要

                              
作品名 赤字はどこへ消えた?
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
赤字はどこへ消えた?ジャンル 本・雑誌・コミック
赤字はどこへ消えた?詳細 赤字はどこへ消えた?(コチラクリック)
赤字はどこへ消えた?価格(税込) 1404円
獲得Tポイント 赤字はどこへ消えた?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ