今日は自分がやっているクレジットカードの使い方をお話をしていきたいと思います。クレジットカードは自分は2枚持っています。1枚は食事用もう1枚は車用で使っています。そうやって使い分けるのはとってもいいことだろうと自分は思っています。使い分けることでポイントが均等になるので、うまくポイントも使い分けることが可能になってきます。そのクレジットカードポイントで、月の支払いをポイントで補うこともできますので、自分は助かっています。そういう使い方を自分は3年ほどまえからやっています。結構この使い方はありだと思っています。クルマのことはすべて1枚のカードで支払いを可能にしていますし、結構それでポイントもつきますので助かります。

クレカ審査に落ちた理由

| コメント(0)

以前、私の家族がクレジットカードの審査に落ちました。属性に関しては何の問題もありません。もちろんブラックでもありません。比較的審査が緩めと言われる流通系のカードに申し込みしました。同時期に複数のカードを申し込んだ訳でもありません。しかし、カードは発行されませんでした。納得いかずに調べてみると、予想もしなかった事が分かりました。長年の現金主義のせいだったのです。カード使用経験がないので延滞履歴などあるわけもなく、何の問題なく発行できそうなものなのですが、カード履歴(クレヒス)が全くないと、逆に審査に通りづらくなるのだそうです。そんな事ってあるんですね。ビックリしました。その後、大々的にキャンペーンをやっていた信販系のカードに申し込んだところ、すんなり審査に通り、無事にカードは発行されました。いずれは銀行系のカードを作りたいようで、その後は毎月履歴を作っています。使わないとしても、若いうちに年会費無料のカードを1枚くらい作っておいたほうがいいのかもしれませんね。

今はもうクレジットカードの時代といっても過言ではないかもしれません。どんなお店に行ってもクレジットカードのシールが貼ってあり、もはや使えないお店を探す方が難しい位のご時世ですが、どの会社もクレジットカード付きのポイントカードで競い合っているせいで、どのカードがどんなサービスなのかが全く分からないんですね。どの会社も自分の所でクレジットカードを作って欲しいから、ありとあらゆるサービスを考えているのは当たり前なのですが、実際に使用する国民からしたら、全ての特典を把握が出来ないのが現実なのです。なのでどうしても最初に作ったカードをメインに使ったりというやり方になってしまいます。規制しすぎるのは良くないですが、もう少しパターン化ではありませんがどのサービスに属するという感じに振り分けして頂けると多少使いやすいのではと思います。

私はクレジットカードは1枚しか持たないことにしています。そして、主人のカードはポイントの貯まる率が高く、カードを発行したブティックでの買い物の時にかなりポイントで安くなるので、ネットでの買い物などは、皆主人のカードで払っています。そして私のカードはというと、そのカードを作ったスーパーで月に2度か3度、カードを使って買い物をすると引き落とし時に5%引きになる制度があるので、その日にそのスーパーで使っています。ただ、私の持っているクレジットカードのポイントは期限が無く、何時までも貯められるのが利点です。あまり使わないので少しずつしか貯まりませんが、ある程度貯まった時に好きな物と交換するようにしています。

クレジットカードの使い方

| コメント(0)

ネットで買い物をすることが多いのでクレジットカードを作りました。今まで面倒と敬遠していたクレジットカードですが、実際に使ってみるとなぜもっと早く作らなかったんだろうと損をした気分になりました。何といっても魅力は、支払いが現金に比べて、ポイント特典があるのでメリットが多いことです。私はポイントの使い勝手や交換商品の魅力さで楽天カードを選びました。このカードは本当にお勧めです。楽天グループの利用の場合、還元率は2%と高く、たまったポイントも次の月から1円単位で使用できます。いくらポイントがたまっても、スムーズに使えないと持つ意味がありません。クレジットカードのポイントを効率的にためるにはカードを絞って支払いすることです。複数のカードを持っていて分散させて使うとキャッシュバックも少なくなります。なのでカードを申し込む際には還元率とポイントの使いやすさを検討するのをお勧めします。通信料や公共料金などもカードで支払えば年間数万円のポイントが得られます。

最近のクレジットカードは電子マネー機能が付加されたものが増えています、電子マネーの場合はクレジットカードでの支払いと違ってリアルタイムに口座から引き落とされるため、月末に使い過ぎていたと後悔することもないので現金での支払のように利用することができるのが良いところです。クレジットカードでの支払いは安い金額だと1回払いとすることが多いですが、無計画に利用していると思った以上に高額になっていたりすることがありますので注意が必要です。銀行系や流通系、さらには大型家電量販店やネット通販会社まであらゆる企業でクレジットカードを発行していますので、自分に合った一枚を選ぶことが大切です、無駄に作ってもせっかくのポイントが分散されることにもなりますので、一元管理できるようにこれさえあればというメインのカードを作りましょう。

クレジットカードの響きは今と昔では大分変わってきたのではないでしょうか。最近はクレジットカードの種類も増えています。各種信販会社が発行しているのは勿論ですが、百貨店やスーパー、コンビニや書店、インターネットサービスなど様々な会社が発行しています。クレジットカードを発行している会社は自社のサービスを売り込むための戦略の1つとしてクレジットカードの提供をしているので、年会費が必要ないと言うところも多いです。また、クレジットカードには殆どの場合利用に応じてポイントが加算されるようになっています。ポイントの加算を上手くPRしてクレジットカードを使って自社のサービスを利用してもらうように勧めることで、顧客の囲い込みを行っています。

初めてのクレジットカード

| コメント(0)

クレジットカードを初めて持ったのはだいたい社会人になってからではないでしょうか?学生の時に親のクレジットカードを使っていたという人も名義は自分ではないわけですから自分のクレジットカードという意味ではやはり社会に出てからが初のクレジットカードという人が多いのでは?いざクレジットカードを作ろうとするとまずはどのカードがいいのか迷うところです、一度作ればずっと使いつづけることになるクレジットカードです、できれば自分にとって一番お得に使えるカードがいいでしょう、まずは初めてクレジットカードを作るなら年会費が無料のものがいいでしょう、年会費があっても年に一回でもカードを利用すれば無料になるタイプも多いですから年会費無料のカードは意外と多いものです。

クレジットカードを所有して20年近くなります。当初はお金がない時を中心に使用しており限られた利用方法でした。しかし今はクレジットカードを利用できる店舗では積極的に利用しています。あまりに金額が安い場合は現金など違った支払方法で決済しますが、1万円を超えるような買い物はまずクレジットカードを利用しています。ですから普段出かける際も現金の持ち合わせがあまりありません。困ってしまうのが飲み会などで割り勘で支払いする時です。数千円でも持ち合わせがない事も多いので、そのような時は私がまとめてカードで支払いをして、みんなから現金を貰っています。このように便利に生活できるだけでなく、現金を作ることも可能なので非常に魅力的なアイテムだと思います。今はまだそれほどお金に困ったことはありませんが、急に現金が必要になった場合は色々な方法でお金を作ることができそうです。

無数にあるクレジットカードですが、持つ際にはその中から何枚かを選ぶことになります。選ぶコツは何といっても年会費とポイント還元率でしょう。年会費が無料のカードは最近多いですし、その中でポイント還元率(お買い物額に対するポイント還元率)が高いものを選ぶのがコツです。具体的には1%以上の還元率のものであればかなりお得な方でしょう。生活の中で毎月必ず払わなければならないものに対して使うのが更なるコツです。光熱費・スマホ料金・食費など、意外と毎月の支払いの中でクレジットカード払いに出来るのもが多いのです。これを全て1回払いにすれば、金利もかかることなく、多ければ毎月数千円程度のポイント還元が受けられるのはかなり魅力的と言えます。ポイントは様々なものに交換で来ますが、商品券に交換して生活費の足しにすることでさらにお得にクレジットカードを利用できると思います。