クレジットカードの使い分け

クレジットカードを使っての買い物ですが、以前はポイントなどを一元化したかったために一枚のカードですべての買い物をするようにしていました。ただ、最近は買い物をするお店やサービスなどが使うカードによってポイント還元率が異なったりすることで多くなってきたので使い分けをしています。具体的な例だと車のガソリン給油の場合はガソリンスタンド系のカードだったり、Suicaのチャージや通勤用の定期券は交通系のカード、そしてネットでの買い物は楽○カードのお世話になっています。都度、どのカードを使うのがお得なのかを考えるのが当初は面倒でしたが、最近ではちょっと楽しかったりします。また、このようにカードを増やした理由の一つとして最近は年会費無料のカードが増えていることもあります。基本的に一定量の使用があれば年会費無料のカードが結構出回っているので新しく作るときは年会費の有無は最重要事項になっています。

海外でVISAを活用

海外生活をしていた頃は、いつもクレジットカードを使って現地のお金を引き出していました。私の使っているクレジットカードにはVISAが付いているので、そのVISAで海外のATMからお金を引き出すことができました。数ヶ月に一度の間隔で、レートの良い時にできるだけ沢山のお金を一気に引き出していました。一回引き出すごとに手数料がかかってしまうのは避けられないので、少しずつ引き出すよりも、一気に多めに引き出した方がずっと割が良くなります。手数料は高額とは言わないまでも、毎回お金を引き出す度にと考えると、高くつきかねません。クレジットカードが一枚あれば、自分自身の口座から普通にお金が引き出せるなんて、便利な世の中です。

月々で支払わなければならない水道やガス、電気といった公共料金や新聞代も、クレジットカードを介した支払いにすればそれなりのメリットを得る事が出来るでしょう。クレジットカード払いを通じて全ての支払いを一元化する事により、家計の計算やそれらコスト全体の把握が大変楽になる事、支払い自体に余計な手間暇が発生しない事、そして何より各クレジットカードにおけるポイントが付与される事が大きいのです。かつてクレジットカードを一切持たなかった私にとって、これらの支払いはかなりの労力を要するものでした。いつ各料金の集金スタッフがやって来るか分からず、それを見計らって在宅時間を長く設けなければならないのが何より辛いものでした。クレジットカード払いにしてからそれらの労力から解放され、ストレスが減ったのは大変嬉しかったものです。

クレジットカードが財布にあると、なんだかリッチな気分になってついせっせと買い物をしてしまいます。そんな話をすると毎月の引き落としが大変なんじゃないかと勘繰るかもしれませんが、使いすぎても今まで大して負担になっていないのです。買い物のあとでも自由に支払い方法を変えられるのがクレジットカードの良いところなので、その特徴を利用してうまくコントロールしているから大丈夫です。私は主にスーパーで使っているから細かい金額の物が多く、それらをカード会社のウェブにログインして調整していることもあり、かなり伸び伸びと買い物ができています。店頭で一括払いにしたものを後から分割にしたり、リボ払いに指定して来月まで支払いを回避したりと、クレジットカードがあれば自由自在だと感じました。

クレジットカードは非常に便利だと言われる反面、かつてクレジットの使い方で失敗し使っていないという人や何も知らずただ不安だから使わないという人も少なくありません。しかしお金持ちの誰もがクレジットを使いこなしているところをみると、クレジットはやはり使い方によってとんでもなくお得なツールになるということでは無いでしょうか。むしろ日常生活の中で使わなければ損になる場合でさえあるのです。クレジットを持たない人は金利のことばかり指摘しますが、還元率の高さにも注目して欲しいんです。金利のかかる支払いをしなければ、むしろ還元された分がたまりにたまって驚くほどお得にもなるんです。そうやってクレジットを上手く使って、生活を豊かにしている人は実はたくさん居るんですよ。

現金はもちろん電子マネーが増えてきてスマホをかざせば決済できる時代になったけれど、やっぱりお得度でいえばクレジットカードが頭ひとつ抜けていると思います。なにしろ特定のお店でなくても支払いでポイントが付与されるので、使うたびに実質割引されているようなものです。このことを意識してからはクレジットカードを使う頻度がグンと上がりましたし、コツコツ貯めることの楽しさを感じています。他に使ってみてからわかったメリットとしては会計時のスムーズさがあって、これも最近ではクレジットカードを使う理由のひとつです。同じカードという媒体でも私の利用するお店の多くは大体サインや暗証番号が不要なことが多いので、電子マネーと違って店員に渡して支払い回数を言うくらいだからモタつくことなくレジを通れて便利です。

JRの通勤定期を利用しているのでルミネカードを選びました。定期代をカードで支払うだけでビューサンクスポイントがたくさんつきますし、suicaもついているのでこれ1枚あればどこに行くにも安心です。JRの定期を使っていなくてもルミネが生活圏内にある人にはお得なカードです。私がよく利用するのが年に何度かある10%オフデーです。お食事やお洋服が割引になるのは今時珍しくもなんともありませんが、普段他では割引になんて絶対ならない本、CD、DVDまで10%オフで買えるなんて素晴らしいです。日ごろ欲しい本やDVDをリストアップしておき、10%オフデーにまとめ買いするだけで年会費の1000円は簡単にペイできています。

クレジットカードを使えない店舗

クレジットカードを使って決済すると、還元率に応じたポイントが付きますから節約に繋がる利点があります。こうしたお得な特典がありますが、クレジットカードによっては使える店舗制限があり、基本的には有名な大手カードになれば国内外問わず、大きな店舗では大抵カード決済が可能です。使える店舗や店舗によってポイント還元が違うと言う事は重要であり、カード選びの指標としても極めて重要要素と言える部分になります。クレジットカード決済が出来ない店舗には二度と行かないという選択を行う方も多く、カード支払い出来ない店舗は潜在的な顧客を20%以上失うと言われる程です。自身が利用したい店舗がクレジットカード決済出来るかどうかチェックする事は有効と言えます。

人生初の海外旅行はアメリカで、現地でのお買い物も大きな楽しみでした。ところが準備のための買い物をしているうちにショッピング枠が心細くなりました。さらに直前になって友人からは、私のクレジットカードに付いている国際ブランドは使えないショップもあると聞いて益々不安になりました。焦ったところでなかなかすぐに発行できるカードは無く、電話で問い合わせても2週間ほど必要な会社ばかりでした。諦めかけていた時に見つけたのがセゾンパールアメリカンエキスプレスカードで、必要書類を揃えてセゾンカウンターに行けば即日発行が可能です。しかも海外での利用はポイントは2倍でお得です。初年度の年会費は無料で2年目からは1000円かかりますが、年間で1度以上利用すれば無料になります。年間で1度なので西友での支払いに使えばずっと無料で永久不滅ポイントも貯まります。最初はピンチヒッターのつもりで申し込みましたが、今では堂々4番バッターとして活用しているカードです。

節約術の1つとして活用

私はクレジットカードを節約術の1つとして活用しています。歌えて気には実際に使っているクレジットカード1枚にまとめています。そしてクレジットカードのお買い物での利用だけではなく、クレジットカードに付帯するサービスを全て利用することでポイントを有効に貯めています。このポイントがたまりやすくなることで、単にクレジットカードのポイントとしてだけではなく通常の買い物にも使えるようになります。結果的には、通常のクレジットカードのポイント還元はお買い物がこの1%程度が相場のところ、様々なサービスを蒸した使うと5%程度の還元率になります。毎月10万円程度のクレジットカードの利用になりますので年間に直すと相当の節約になるというわけです。