本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準ブックライブ無料試し読み&購入


ビジネスマンにとって不可解なのが「昇進・昇格」の基準。なぜ、あの人が出世していくのか、人事部はどのような考え方でそれを決めているのか? 「部下の『指導・育成』ができない管理職は出世できない」、「茶坊主は課長止まり、部長に出世してくタイプとは」、「役員まで上り詰める人材に共通する『かわいげのある人』、「女性の管理職登用で割りを食う男性社員の嘆き」……などなど、「昇進・昇格」の裏側が分かる28話を収録(読了時間約30分)。本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の57ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。【著者紹介】溝上憲文(みぞうえ・のりふみ)ジャーナリスト1958年、鹿児島県生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。主な著書に『隣の成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『日本人事』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない』など。近著に『2016年は残業代がゼロになる』(光文社)がある。
続きはコチラから・・・



本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準「公式」はコチラから



本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準


>>>本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトは沢山あります。それらのサイトをしっかり比較して、自分の好みに一致するものを選択することが不可欠です。そうすれば失敗することがないでしょう。
新しいものが出る度に本屋まで購入しに行くのは面倒臭いです。とは言え、全巻まとめて買うのは内容が大したことなかった時の金銭的・精神的ダメージが半端ないです。BookLive「本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準」は1冊ずつ買い求められるので、失敗することも最小限に留められます。
漫画があって当然の生活をあまり知られたくないと言う人が、最近増えていると聞きます。自宅にいろんな漫画は置けないというような方でも、BookLive「本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準」の中だけであれば人に内緒のままで漫画を満喫できます。
どんな内容かが分からない状態で、表紙から得られる印象だけで買うかどうかを決めるのは大変です。0円で試し読みができるBookLive「本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準」でしたら、一定程度内容を精査した上で買うことができます。
移動中の何もしていない時などの空いている時間に、無料漫画をちょっとだけ読んで自分に合う本を見つけておけば、週末などの時間のある時に手に入れて続きを閲読することが簡単にできます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


今放送されているものを毎週見るのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として配信されているものなら、一人一人の好きな時間に楽しむことができるのです。
とてもたくさんの人が無料アニメ動画を利用しているようです。空き時間とか通勤途中の時間などに、手間なしでスマホで堪能することができるというのは有り難いですね。
既に絶版になった漫画など、小さな本屋では取り寄せしてもらわないとゲットできない本も、電子コミックとして多数並べられているので、スマホが1台あれば注文して読み始められます。
「ここにあるすべての本が読み放題であれば良いのになあ・・・」という利用者目線の発想をベースに、「固定料金を支払えば毎回の支払いはいらない」というスタイルの電子書籍が登場したのです。
読んだあとで「想像よりも楽しめなかった」ということがあっても、買ってしまった漫画は返品が認められません。だけど電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、それらをなくせます。





本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準の情報概要

                              
作品名 本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準ジャンル 本・雑誌・コミック
本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準詳細 本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準(コチラクリック)
本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準価格(税込) 324円
獲得Tポイント 本当は怖い会社のルール 「昇進・昇格」の基準(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ