ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書) ブックライブ おトク 電子書籍 読める

ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)ブックライブ無料試し読み&購入


要求定義の「正しい手順」を提示し、圧倒的な支持を得た不朽の名著の改訂版。「基幹系」と「情報系」、それぞれのシステムでの要求定義の手順を具体的かつ実践的に解説します。筆者の豊富な経験に基づいたケーススタディとそのまま使える豊富なドキュメントサンプルで「いつ」「誰が」「何を」「どのように」「なぜ」やればよいかがわかります。≪目次≫【序章】 問題提起  ■要求定義の担当者はプロ集団ではない【第1章】 要求定義を学び直す  1-1■良い要求定義とはどんなものか  1-2■良い要求定義を阻むものは何か  1-3■開発プロセスの中でどう位置付けるのか  ほか【第2章】 要求定義の手順を知る─基幹系システム編  2-1■基幹系システムのプロセス・マップの考え方  2-2■[プロセス1] 戦略と目的を確立する  2-3■[プロセス2] スコープを設定する ほか【第3章】 要求定義の手順を知る─情報系システム編  3-1■情報系システムのプロセス・マップの考え方  3-2■[プロセス1] 戦略と目的を確立する  3-3■[プロセス2] スコープを設定する  3-4■[プロセス3] 対象ユーザーを洗い出す  3-5■[プロセス4] 現状を把握する  ほか【第4章】 要求定義のトラブル・シューティング  4-1■思い通りに進まない原因を潰す  4-2■トラブル・シューティング一覧
続きはコチラから・・・



ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)「公式」はコチラから



ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)


>>>ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


老眼が進んだために、近いところが見にくくて困っているという読書家の中高年の方にとって、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのは、ある意味革新的なことなのです。文字サイズを自分に合わせられるからです。
「買った漫画がありすぎて置き場所が確保できないから、買うのを辞めてしまう」とならずに済むのが、BookLive「ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)」の良いところです。山のように買っても、本棚のことを心配しなくてよいのです。
「連載形式で発刊されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には全く必要性が感じられないサービスです。されど単行本が発売になってから購読するという利用者にとっては、単行本購入前に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、本当にありがたいことだと言えます。
ショップでは、棚の問題で並べることができる書籍数が制限されてしまいますが、BookLive「ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)」だったらこんな類の制限をする必要がなく、マニア向けのコミックも多いのが特徴でもあるのです。
テレビ放送されているものをリアルタイムで楽しむのは面倒ですが、無料アニメ動画として視聴できるものなら、ご自身の空いている時間を活用して楽しむことが可能です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読み放題サービスというのは、電子書籍業界にとっては全くもって革命的な試みになるのです。ユーザーサイドにとっても作家サイドにとっても、利点が多いと言えるのではないでしょうか。
「漫画が多過ぎて頭を痛めているので、買うのを辞めてしまう」という様な事がないのが、漫画サイトの良いところです。何冊買ってしまっても、保管のことを考えることはありません。
定常的によく漫画を読む方にとっては、固定の月額料金を支払うだけで何冊だって読み放題で楽しむことができるという購読方法は、まさしく先進的だと言えそうです。
老眼になったために、近くの物が見にくくて困っているという読書家の高齢者にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるというのは、ある意味革新的なことなのです。フォントサイズをカスタマイズできるからです。
本や漫画類は、本屋でパラパラ見て購入するかどうかを確定する人ばかりです。ところが、ここ数年は電子コミック経由で1巻を購入し、その本について買う・買わないを決めるという方が増えつつあります。





ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)の情報概要

                              
作品名 ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)ジャンル 本・雑誌・コミック
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)詳細 ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)価格(税込) 4104円
獲得Tポイント ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ