牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日 ブックライブ おトク 電子書籍 読める

牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日ブックライブ無料試し読み&購入


「うまい、はやい、安い」といえば、牛丼。 給料日が迫った繁華街の昼、多くのサラリーマンが牛丼屋に駆け込む姿は、今や日常の見慣れた光景である。日本人の生活に浸透する庶民の味方といえる牛丼。しかしながら、私たちのしらないところで「日本で牛丼が食べられなくなる日が来る」という動きが現実化しつつある。その流れをつくっているのは、リーマンショックの後、息を潜めたかにみえた「マネー資本主義」。このグローバルマネーが次のターゲットに選んだのは、「牛肉」だった。世界的な牛肉争奪戦の裏で進行する、知られざる動きとは一体何なのか。『里山資本主義』『里海資本論』の著者が、「強欲化する世界」に迫る渾身の1冊。【著者紹介】井上恭介(いのうえ・きょうすけ)NHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー1964年生まれ。京都出身。87年東京大学法学部卒業後、NHK入局。報道局・大型企画開発センター・広島局などを経て、現職。ディレクター、プロデューサーとして、一貫して報道番組の制作に従事。主な制作番組にNHKスペシャル「オ願ヒ オ知ラセ下サイ~ヒロシマ・あの日の伝言~」(集英社新書から『ヒロシマ 壁に残された伝言』として書籍化) 「マネー資本主義」(新潮文庫から同名書籍化)「里海SATOUMI瀬戸内海」(角川新書から『里海資本論』として書籍化)などがある。広島局で中国地方向けに放映した番組をまとめた角川新書の『里山資本主義』は40万部を超えるベストセラーに。【目次より】第1章◆日本で「牛丼」を食べられなくなる?第2章◆中国で始まった「異次元“爆食”」第3章◆ヒツジへの玉突き現象第4章◆大豆を求めてアメリカ、そしてブラジルへ第5章◆牛肉と穀物の世界を変えるマネー第6章◆グローバル資本主義の天国と地獄第7章◆ブラジルを襲った大干ばつ第8章◆牛肉は「工業製品」か「生き物」か第9章◆地球の限界を救えと立ち上がった SATOYAMA/SATOUMI第10章◆気候変動、食料危機はどう回避できるのか
続きはコチラから・・・



牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日「公式」はコチラから



牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日


>>>牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックを楽しみたいなら、コミックサイトが重宝するでしょう。決済方法も非常に容易ですし、新作のコミックを買い求めたいがために、労力をかけてショップで事前予約を入れる必要もなくなります。
漫画が趣味な人からすると、コレクション品としての単行本は価値があるということに異論はありませんが、気軽に楽しみたいという人であれば、スマホで閲覧できるBookLive「牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日」の方が扱いやすいでしょう。
どういった物語なのかがまったくわからずに、表題を見ただけで読むかどうか決めるのは極めて困難です。無料で試し読み可能なBookLive「牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日」ならば、そこそこ内容を確かめた上で買うか・買わないかを判断できます。
漫画や本は、お店で触りだけ読んで買うか買わないかを決める人がほとんどだと聞いています。だけど、このところはBookLive「牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日」にて1巻を読んでみて、その本を購入するか決める方が多くなってきています。
BookLive「牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日」は手軽に持ち運べるスマホやNexusやiPadで読むことができて、非常に重宝します。ちょっとだけ試し読みした後で、本当にそれを買うかどうかの結論を出す人が急増していると言われます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍を購入するというのは、オンライン経由で情報を得ることを意味するわけです。サービスを提供している会社が倒産してしまったといった事がありますと利用できなくなりますので、入念に比較してから安心して利用できるサイトをチョイスしましょう。
スマホ上で見る電子書籍は、有難いことにフォントサイズをカスタマイズすることが可能ですので、老眼のせいで読書を敬遠してきた高齢者でも問題なく楽しめるという特長があるというわけです。
「乗車中に漫画本を取り出すなんてあり得ない」、そういった方でもスマホに丸ごと漫画を保存すれば、他人の視線を気にすることがなくなります。このことが漫画サイトの特長です。
一言で無料コミックと言われましても、読むことができるカテゴリーは多種多様にあります。若者向けの漫画から大人向けの漫画まであるので、あなた好みの漫画を間違いなく見つけ出せると思います。
面白いか面白くないか悩み続けている作品がありましたら、電子コミックのサイトでお金が不要の試し読みを活用するのがおすすめです。ちょっと読んで面白さが分からないと思ったら、買う必要はないのです。





牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日の情報概要

                              
作品名 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日ジャンル 本・雑誌・コミック
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日詳細 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日(コチラクリック)
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ